ペインクリニック

ペインクリニック
西鶴間メディカルクリニック

2nd_menu_r2_c1

リハビリテーションとは

リハビリテーションといえば脳卒中後に出現する手足の麻痺を改善させる運動や歩行練習、もしくは整形外科での物理療法(電気治療や牽引療法など)をイメージされると思いますが、本来は「その人にとって再びふさわしい状態になる」ということが語源です。当院では「運動器リハビリテーション」と呼ばれる筋肉や関節運動を中心としたリハビリを行っていきますが、痛みを取るだけでなくご自身の生活に目を向け、痛みに関連する身体機能の改善や動きの再獲得、痛みの再発予防を行います。病気だけを診ずに、患者さん全体を考え痛みによって妨げられた豊かな生活を取り戻していきます。   rehabilitation1

2階リハビリ室 リハビリテーション科

痛みのリハビリテーション部門

当院リハビリテーション科では「自分で動く運動療法」を中心にしています

痛みが続いているときに運動のリハビリを行うとむしろ痛みが強まってしまうのではないかと思われますが、痛み治療が進んだ海外では治療にリハビリテーションプログラムが組み込まれているのが一般的です。 運動を中心としたリハビリテーションは身体を強くするだけでなく心理面にも好影響があり、すっきりした気分になり体が軽くなります。多くの臨床研究からも、慢性的な痛みになるほど受動的な治療(やってもらう治療)は効果が低く、自分で動く運動療法の方が痛みの軽減や生活の質改善に効果があると言われています。したがって当リハビリテーション科では受け身の治療となりやすいものはあえて使わずに、痛みと向き合える心身をつくることを心がけています。もちろん痛みの状態や改善具合に合わせて行いますので、無理をさせることはありませんのでご安心ください。   背部痛 理学療法診療ガイドライン(日本理学療法士協会より引用)

慢性腰痛に対する運動療法(推奨グレードB)は、疼痛と機能障害の改善にわずかながら有効とされている(Hyden JAら 2005など)。運動療法のうち、アクティブリハビリテーションは慢性非特異的腰痛有訴者の疼痛を軽減し、1 年後までの長期効果を有する(Kankaanpää Mら1999)。また、腰部ニュートラルゾーンの管理を重視した運動療法は、反復性非特異的腰痛を有する中年男性の疼痛を軽減し、作業能力を改善させる(Suni Jら 2006)。

慢性痛リハビリテーションに特化した理学療法士による評価と運動指導

日本理学療法士協会・認定理学療法士(運動器)を取得し、整形外科クリニックやNTT東日本関東病院で慢性痛リハビリテーションを経験した理学療法士が、痛みに関連する身体機能低下を理学所見から評価・判断し、痛みの改善を伴う身体機能改善・生活改善に適した運動を中心とした理学療法を行います。理学療法士とは身体機能の専門家のことで国家資格です。 rehabilitation2 rehabilitation3

集学的リハビリテーション

神経障害性疼痛などのように痛みが強く慢性的に引き続く場合は、リハビリによる身体機能改善と痛みの治療(ペインクリニック)と心理的サポート(臨床心理士)で総合的に治療をしていきます。これを「集学的リハビリテーション」といい、慢性痛に効果が高いといわれています(推奨グレードA)。 当クリニックでは、専門的な痛みの治療、心理的サポート、運動療法のリハビリと大学病院レベルの集学的リハビリテーション行える体制が整っています。

rehabilitation4

(Stanton-Hicks 2002を改編・引用)

  背部痛 理学療法診療ガイドライン(日本理学療法士協会より引用)

早期の集学的リハビリテーション(推奨グレードA)は,慢性化するリスクの高い急性腰痛患者において,疼痛と機能障害を改善し,社会・経済的損失(復職,医療機関の利用回数,薬物使用量から算出)を減少させる(Gatchel RJら 2003)。

「散歩とかスクワットはしています。どんな運動をしていくのですか?」

リハビリテーションでは、患者さん全体をみて目標に応じてプログラムを作成していきます。通常、痛みを伴う疾患の場合、痛み・しびれの原因を病気がある部位に求めることが多くなります。一方でリハビリでは痛みと体の状態をまったく逆に考えます。関節や筋肉などからだの各部位の「動きの悪さ」が痛みを作っているのではないか、このような考えを基にストレスがかかる部位や機能低下を起こしている部位を診察し、原因を見つけていきます。 痛みのある部位に影響するからだ全体の異常な動きを見つけることで緩和されるという「運動機能障害症候群」の考えをもとに、負担のかかっている痛みの部位へのストレスをみつけ分散させてきます。したがって、体の特徴をしっかり感じていただいて、自分で動いて身体機能を向上していきます。ご自宅での自主トレーニングで継続していただくこともとても大事なことです。   背部痛 理学療法診療ガイドライン(日本理学療法士協会より引用)

運動療法プログラムの設定については,筋力や筋の伸張性などに関する個々人の評価に基づき設定されたホームエクササイズプログラムが,一般的な腰痛教室よりも疼痛や機能障害を有意に改善させる(Descarreaux M 2002)ことから,個別にプログラムされたストレッチングや筋力強化などの運動と管理は,疼痛と機能障害の改善に有効である(Hyden JAら 2005)。

当院で行っている運動療法の例

・「あかちゃんトレーニング」を基本にした脊椎の機能改善エクササイズ(高齢者からトップアスリートまで行っている運動療法です) ・痛みの原因となりやすい動きの偏りを修正する運動パターンの改善エクササイズなど ・アクティブモビライゼーション(軽い力を使って関節のゆがみを整えます) ・トレーニング機器 バランスボール・ストレッチポール・セラバンド・バランスシューズ・エアロバイク その他の機器も導入予定です。 rehabilitation7

あかちゃんトレーニングの例(腰痛や肩痛や下肢痛に対して)

   

まったく動かさないとどうなってしまうのか

痛みの原因に神経が関与した神経障害性疼痛の場合、痛みが強く「ネグレクト」と呼ばれる運動障害がおこることがあります。痛みがある部位が重たく感じたり、最大の力を出さないと手足が動しにくい状態のことです。最近の研究では痛みが出た後に動かさないことがネグレクトや新たな痛みを起こしてしまうとの報告もあります。出来るだけ早期からリハビリを始めるとよいというのはこのためです。 また、心理的な痛みの悪循環を示す図をご覧ください。痛みが出てしまうと誰もが心配するのは当然なことですが、様々な情報に惑わされ不安が強まると余計に痛みが強まってしまいます。このことが原因で体の不調は良くなっているのにもかかわらず、痛みと恐怖感だけが残ってしまう方もいます。特に腰痛で多くの研究報告があり、過剰な心配や痛みへのこだわりが慢性的な腰痛を引き続かせる「こじれた痛み」の状態をつくります。 このような場合、恐怖感を伴うことがある方には段階的な運動療法(背部痛への推奨グレードB)をしていくことが効果的だとの報告があります(George 2003)。また、痛みに対する考えを整理したりするのに心理療法が効果的になります。とはいえ、この痛みが動かしていいものなのかそうでないか迷ってしまいますので、悩まれる前にお早めにぜひご相談ください。 rehabilitation8

「痛みからの回復には不安なく痛みに向き合うことが重要です」

(Vlaeyen & Linton 2000を改編・引用)

 

リハビリテーションが効果的な症状

(医師の診察を受けていただき、医師の指示に基づきリハビリを行います。予約制です。)   <頭・頚> 頭痛(筋緊張性頭痛など)・めまい(運動療法の適応があるもの)・顎関節痛 頚部痛・むちうち関連症状 など   <肩・上肢> 肩こり・肩関節痛・五十肩 上腕・肘関節痛・手関節痛・腱鞘炎(慢性) 上肢のしびれ・冷感 など   <体幹・下肢> 背部痛・腰痛・骨盤痛・臀部痛・下肢痛(坐骨神経痛)・股関節痛・膝関節痛・足関節痛・足底の痛み 外反母趾の痛み 下肢のしびれ・冷感 足のつり(有痛性筋けいれん) など   <その他> 骨折後に引き続く痛み・関節拘縮・筋力低下 人工関節手術後の痛み・関節拘縮・筋力低下 脳卒中後やCRPSなど神経障害性疼痛の痛みを伴う運動障害 スポーツ中の痛み(アキレス腱痛・シンスプリント・オスグッドシュラッター病など)成長痛・使いすぎ症候群

当院のご案内 消化器内科 乳腺外科 ペインクリニック リハビリテーション科 通所リハビリテーション アクセス

西鶴間メディカルクリニック

〒242-0005
神奈川県大和市西鶴間4-1-4
アクセスマップ
お電話でのご連絡はこちら
TEL:046-261-0867